本気で自分を変えるために、盲点に目を向けてみませんか?

今回は
「今の状態でいることのデメリットと
 変わることによるデメリットにも意識を向けてみよう」
というお話になります。

前回、前々回では
「今の状態で得をしていることはなんですか?」
「あなたがイメージしている状態に変わることで、どんな良いことがありますか?」
なんていう、今の状態でいること、
もしくは自分を変えることによるメリットに目を向けたお話をしてきました。

今の状態で得をしていることに目を向けることで、
本気で変わりたいのか変わりたくないのかが意識できるようになるため
本気度も変わってきます。

また、自分が変わった状態をイメージし、
それによって得られるメリットを考えることで
「やはり自分を変えていこう!」
と思うことができ、本気度を高められます。

なので、これまで
「メリットに目を向けよう!」
というお話をしてきたのですが、
メリットよりもデメリットを考える方が
行動に繋がりやすいこともあります。

得ることよりも
避けることの方が強い力を発揮しやすい、
なんて言われていたりするんですよね。

実際、
「メリットといった良いことはあまり出てこないけれど、
 デメリットのような悪いことならたくさん出てくる」
なんていうような経験はないでしょうか?

今回はその観点から
「今の状態でいることのデメリットと
 変わることによるデメリットにも意識を向けてみよう」
というお話をしていきたいと思います。

で、ここで色々と例を話していこうと思ったのですが、
メリットとデメリットという言葉を使いすぎることで
逆に混乱し、何がなんだかわからなくなってしまいそうだったんですよね。

なので、結論から先に言うと、
「今の状態のデメリットは変わることによるメリット」であり
「変わることによるデメリットは、今の状態でいることのメリット」である
というようにお互いが対になっています。

変わるのが怖い場合、
行動せずに今の状態でいれば
恐怖を感じることもないので、
今の状態でいることで恐怖を感じないことがメリットとなります。

逆に、
行動して自分を変えていこうとすることで恐怖を感じてしまうので
自分を変えることによって恐怖を感じるというデメリットが発生することになります。

このように、
メリットとデメリットは対になっているんですね。

「そんなの当たり前でしょ!!」
なんて言われてしまいそうですが、
それでもメリットとデメリットが対になっているというのは
意外と意識から抜け落ちてしまっているんです。

そのため、
ついつい両面から考えることを怠ってしまいます。

長所と短所は対になっているけれども、
短所に目を向けてしまうと
短所しか意識に残らず
長所だと思える部分を見落としてしまうようなものですね。

メリットとデメリットという対で見ることで
これまで見えていなかった盲点の部分が見えてくるようになります。

その盲点を見つけることで
より明確に考え、自分の内面を理解できるようになります。

そのように
「今の状態でいることのメリット・デメリット」
そして、「変わることによるメリット・デメリット」と
対で考えてみることで

「自分はなぜ変わりたいのか?」
「自分はなぜ変わりたくないのか?」が明確になり、
自分を変えるための本気度が大きく変わってきます。

なので、

「今の状態でいることのメリット・デメリットは何ですか?」
「変わることによるメリット・デメリットは何ですか?」

なんて質問に答えて、
自分を変えるための本気度を高めてみてはいかがでしょうか?

質問に答えてみることで
これまでブレーキが掛かっていた行動にも
エネルギーを注げるようになり、
どんどん自分を変えていくことができるはずです。

ぜひ、お試しください。

以上、
「今の状態でいることのデメリットと
 変わることによるデメリットにも意識を向けてみよう」
というお話でした。

「本気で変わろう!」
と思ったら、ある程度のエネルギーが必要となります。

そのエネルギーに関する概念に興味があり、
エネルギーを高めていきたいなぁ、なんて思われましたら、
下のリンクを確認し、
エネルギーに関する無料のメール講座に登録してみてください。

https://em.hinamemo.com/m/cf/blog_y

それでは、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。