なかなか自分を変えられないと悩んでいる場合の特効薬

今回は
「自分を変えることとは何なのか?」
「どうやったら自分を変えられるのか?」
というテーマでお話していきたいと思います。

自分を変えるというのは
「これまでの自分とは違った自分になる」
ということです。

当たり前のことすぎて
言うまでもないことかもしれませんが…

自分を変えられない場合は、この
「これまでの自分とは違った自分になる」
という意識がなかったりするんですよね。

いまの自分のまま、
自分とは違った自分になろうとしているんです。

その矛盾により、
今のままで現状維持しようとするエネルギーと
自分を変えようとするエネルギーが衝突しあうため
エネルギー漏れが起こってしまい、
行動に移すためのエネルギーを確保できない、
なんてことになってしまいます。

だから、結局
自分を変えることはできません。

「これまでの自分とは違った自分になる」

これを実現させるためには、
挑戦していかなければなりません。

挑戦というと
ものすごくハードルが高そうですが、
できそうなところから変えてみると
意外と大きな効果を得られたりします。

例えば・・・

あなたは靴を履くとき、
右足と左足、どちらから履いていますか?

これを聞いてみると、
意外とどちらの足から靴を履いているか意識していなかったりします。

身体が覚えているだけで
意識せずに靴を履いているからです。

なので、意識的に
「どちらから靴を履いているのだろう?」
なんて意識してみてください。

ちなみに僕は右足から履いています。

これを意識して左足から履くことに変えるだけでも、
「少なくともこの瞬間だけは自分を変えることができた!」
と言えるんですね。

「いつも右足から履いていたのを左足に変えただけで
 人生に何か良い影響があるの?」
となんて思われるかもしれませんが、
正直な話、直接的には良い影響なんてありません。

靴は右足から履こうが、左足から履こうが
良し悪しなんてありませんから。

ですが、この小さな経験をもとに
「自分の意識次第で、変わろうと思えばいつでも変われるんだ!」
と思うことができたら、今後の人生に良い影響を与えていくことができます。

そう思うためにも
「いつもとは違う道で通勤・通学しよう!」とか
「今日はいつもとは違うブランドのものを買ってみよう」とか
「いつもなら食べないものを食べてみよう」とか
いつもとは違うことに挑戦してみてはいかがでしょうか?

そこまでハードルが高くないものであれば
すんなりとできるはずですし、
そこから新たな経験や発見を得ることができます。

いつもとは違う道を歩いていたら、
「こんなお店があったのか!」
とちょっと気になるお店を見つけるかもしれません。

また、いつもは食べないものを食べてみたら
「想像以上においしかった!また食べたい!」
なんてことを思うかもしれません。

そういう経験や発見があると、
「挑戦することは面白いかも?」
なんて自然と思ったりするので、
そうなれば、少しハードルが高いことでも
挑戦しやすくなるはずです。

なので、もし自分をなかなか変えられないと思われましたら、
ハードルの低いどうでも良さそうなことから始めてみて、
「挑戦する楽しさ」を感じてみてはいかがでしょうか?

そうすれば、
自然と楽しみながら
「これまでの自分とは違った自分になる」
ということに挑戦できるようになっていくはずですから。

ぜひ、お試しください。

以上、
「挑戦することを楽しめるようになるためにも、小さな挑戦から始めよう!」
なんてお話でした。

それでは、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。