やる気を高めるために継続の偉大さを数字化してみよう

今回は
「継続の偉大さ」
というテーマでお話します。

人は意外と短期的なことは過大評価し、
長期的なことは過小評価してしまいがちです。

というのも、何か始めるときに
「3日、3週間、3ヶ月」と続けたとしても
「これはもう自分には向いていない」
なんてやめてしまうんです。

なんでやめてしまうかというと、
「もっと結果が出ると思っていたのに…」
なんて思ってしまうからです。

短期的なことを過大評価してしまうため、
短期間で大きな結果が得られると
ついつい思ってしまうのです。

短い期間であれば
そこまで結果は出ません。

短い期間では結果は出ないものの
「3年、30年」と長期間続けると
信じられないようなものすごい結果が出たりします。

長期的なことは過小評価してしまうため、
「3ヶ月やってもこのくらいしかできないのであれば、
 何年やっても同じだろう…」
なんて考えてしまいます。

ですが、それは大きな間違いです!
というのが今回のお話になります。

「コツコツやるのは大事」というのは
もう耳にタコができるほど
当たり前のように言われてきているのではないかと思います。

元プロ野球選手のイチローも
「小さいことを積み重ねるのが、とんでもないところへ行くただひとつの道」
なんてことを言っていますから。

この言葉が良い言葉という反応はするものの、
「わかっていてもなかなかできないんだよ!」
というのが現状ではないかと。

その理由は、
「本当にこれを続けることで前に進めているのだろうか?」
と不安になるからだと思うんですよね。

その不安を軽減するためにも
今回の「継続の偉大さを数字で表してみた」というのは
かなり効果的ではないかと思います。

「継続の偉大さを数字で表す」とはどういうことかというと、
例えば、

「毎日0.2%成長する」

と考えてみてください。

0.2%の成長ってどのくらいだろう?って思われるかもしれませんが、
何か新しいことをしてみたり、覚えてみたり、
何かしら小さくても成長を感じられることだと思っておけば良いかと思います。

0.2%の成長だから、
本当に小さい成長でいいんです。

この0.2%の成長を
1年間毎日続けると、
1年後にはどのくらい成長していると思いますか?

1年間を365日とすると、
毎日0.2%の成長をすることでなんと

207%

つまり、2.07倍成長できるわけです。

「今の2倍成長する」って
すごいことだと思いませんか?

・・・なんてことを友人に話したことがあったのですが、
そこで一言言われました

「え?1年で2倍の成長って微妙じゃない?」って。

「…え?2倍ってすごくない…?2倍ってそんな微妙…?」
と意外な反論を食らってしまったので、
こちらとしてもさらに考えました。

そこで考えたことは
「10年後だともっとすごいことになるよ!」
ということです。

10年後を3650日だとして、
0.2%の成長を毎日続けたら
どのくらい成長していると思いますか?

これがものすごい数字になるんです。

なんと10年後には

146,954%

つまり、

約1500倍

もの成長になるのです。

1500倍の成長って想像できますか?

僕は想像できませんし、
これを友人に伝えたら、
「10年後には約1500倍って…想像つかないほどすごいな」
なんて反応をもらえました。

10年後には
「今の1500倍成長している!」
と考えるとなんだかワクワクするし、
「1500倍も成長しているなら、10年後には何でもできそうだ!」
なんて思えたりしませんか?

コツコツやっていく重要性は知っていたけれども
この10年後の成長を考えることで
その重要性がより鮮明になり、
コツコツ続けていくことに楽しみを覚えやすくなるはずです。

「いまはもしかしたらそこまで成長を感じることはできないかもしれない。
 でも、これを10年続けてみれば、
 想像もしていなかったうようなとんでもないところにたどり着くだろう」
と。

このお話を伝えると
「コツコツ続けていって、10年後の世界を楽しもう!」
なんて共感してもらえることが多いです。

なので、もしなかなか継続することができない、
なんて思われましたら、
この「10年後には約1500倍もの成長をしている」
「継続の偉大さ」を考え、
楽しみながらコツコツと続けてみてはいかがでしょうか?

きっとつらくなったときでも、
「でも、10年後には…」
という希望が見え、気持ちを少し昂ぶらせることができるはずですから。

ぜひ、お試しください。

以上、
「継続することの偉大さを数字で表してみよう」
なんてお話でした。

それでは、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。