本気で自分を変えようと思ったときに、意外と抜け落ちていること

今回は前回の
本気で自分を変えるためにギャップを埋めよう
というお話の補足であり、
「自分を変える本気度をさらに高めよう」
といったお話になります。

前回は
「変わりたい」という表面と
「変わりたくない」と心の奥底で思っている内面との
ギャップを埋めよう!というお話でした。

そのために

「今の状態で得をしていることは何ですか?」

という問いを投げかけ、
「変わりたくない!」と思っている原因を見つけること。

そして、その原因を受け入れることで
表面と内面のギャップが埋まり、
本気で変えていくことにエネルギーを注いでいくことができる、
なんてお話でした。

多くの場合、
「変わりたい!」というのが先行してしまって、
今得をしていることに目を向けられていなかったりします。

だからこそ、今得をしていることに目を向け、
「なぜ自分は変わりたくないのか」
を知ることが大切です。

それにより、
「変わる必要はないかもしれない」と気づくかもしれませんし、
「やっぱり本気で変わるべきだ!」なんて思うかもしれませんから。

なんていうのが、前回までのお話でしたが、
今回は自分を変える本気度をさらに高めるために
こんな質問をしてみませんか?
というお話になります。

その質問というのは

「あなたがイメージしている状態に変わることで、どんな良いことがありますか?」

というものです。

「自分を変えた方が良い!」と思っているからこそ
変わろうとしているのだと思います。

ですが、意外と
「変わったらどんな良いことがあるのか?」
ということに目を向けられていなかったりするんですよね。

「今の状態が嫌だから」
というだけで、
「変わった先にどんな良いことがあるのか?」
を考えていなかったりしませんか?

前回も例に出したのですが、
今回もまたアトピーを例に出します。

僕は元々ひどいアトピーだったため、
「本気でアトピーを治そう!」とは思っていたものの、
実はそこまで本気ではなかった、というお話を前回しました。

そして、本気でアトピーを治そうと決断したのは
「今の状態だと会社から内定をもらえないかもしれない」
と知ったからです。

つまり、
「アトピーを治したい!」と思っていた理由は
「今のアトピーの状態が嫌だから避けたい!」という理由だけだったため、
それだけでは変わる理由が弱く、本気になれていなかったんですね。

ですが、就活をしたことで
「アトピーを治すことで会社から内定をもらえるというメリットがあるよ!」
と知ってから、本気になることができました。

このように考えると、これまでアトピーを本気で治さなかった理由は
「今の状態に得があったから」と同時に
「治したあとにどんな良いことがあるのかイメージしていなかったから」
と考えられます。

なので、自分を変えるための本気度を高めるには
「今の状態で得をしていること」を知り、
さらに
「変わった先にどんな良いことがあるのか?」
を知ることだと言えます。

だからこそ、
「本気で変わりたいけれども、なかなか変わることができない」
と悩んでいる場合は、

前回の
「今の状態で得をしていることは何ですか?」という問いに加え、

「あなたがイメージしている状態に変わることで、どんな良いことがありますか?」

という問いに答えてみてはいかがでしょうか?

この質問に答えてみると
「意外と変わったあとにどんなメリットがあるのかを考えていなかった」
と気づくだけでなく、
「変わった先に意外とたくさんのメリットがあったのだ」
と気づくはずです。

そうすることで、
「やはり今の状態から変わりたい!」
と思い、自分を変える本気度が高まっていきます。

なので、
「あなたがイメージしている状態に変わることで、どんな良いことがありますか?」
という質問に答えてみて下さい。

もし、なかなかイメージできない場合は
周りの人やネット上、テレビに出てくる人、
アニメやマンガのキャラクターなどでイメージしてみると良いかと思います。

以上、
「あなたが変わった後のメリットを洗い出し、
 自分を変えるための本気度を高めていこう」
というお話でした。

自分自身に質問し、それに答えるだけでも
結構なエネルギーを必要とするので
面倒になって質問に答えるのをやめてしまうことってありますよね?

そうならないためにも
日頃からエネルギーを高めておきませんか?

以下のリンクでは
日頃からエネルギーを高めるための
無料のメール講座を紹介しています。

https://em.hinamemo.com/m/cf/blog_y

興味がありましたら、ぜひ登録してみて下さい。

それでは、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。