【行動原理=習慣】人の行動原理を知ることで行動力を高め、自分を変えていきませんか?

今回は
自分を変えるためにも
人とのコミュニケーションを良くするためにも
知っておくと便利な
「人間の行動原理」
についてお話します。

人間の行動原理をお話する上で欠かせないのは
心理学者のフロイトが提唱した
『快楽原則』
というものです。

快楽原則というのは、
「自分にとっての『快』を得るために行動する」
というもの。

つまり、
「快を求めて、不快を避ける」
というのが、人の無意識に刻まれている
行動原理なのです。

「苦痛を避けて快楽を得る」
なんて言い方をしたりもします。

この『快楽原則』は
これまで3つの動画でお話してきたことに
強く関係してきます。

これまで3つの動画でお話してきたことは
前回の動画に出てくる質問、

「今の状態でいることのメリット・デメリットは何ですか?」
「変わることによるメリット・デメリットは何ですか?」

に集約されています。

この
「今の状態でいることのメリット・デメリット」
「変わることによるメリット・デメリット」
というのが、『快楽原則』に大きく影響しているのです。

変わることによるメリットが大きければ快、
つまり、そのメリットという快楽を得るために
行動することができるようになります。

もしくは、
今の状態でいるデメリットが大きければ不快、
つまり、そのデメリットを受ける恐怖を避けるために
行動することができるようになります。

逆に、今の状態でいるメリットが大きければ快、
つまり、そのメリットという快楽を得るために
行動するのをやめて、いまの現状を維持しようとします。

また、変わることによるデメリットが大きければ不快、
つまり、そのデメリットを受ける恐怖を避けるために
行動することをやめて、いまの現状を維持しようとします。

なので、
「今の状態でいることのメリット・デメリットは何ですか?」
「変わることによるメリット・デメリットは何ですか?」
という質問は、『快楽原則』に基づいた
人の無意識に刻まれている行動原理を反映したものです。

「快を求めて、不快を避ける」もしくは
「苦痛を避けて快楽を得る」
なんていうこの行動原理の考え方は
非常に便利なので、ぜひ使用してみてください。

「アトピーを本気で治さなかった理由は
 今の状態が居心地が良いという快を求めて
 今の居心地良さから抜け出したくないという不快を避けていたからなんだ」とか

「アトピーを本気で治そうと思った理由は
 今の状態だと会社から内定をもらえないという不快を避けるために、
 今の状態から抜け出して会社から内定をもらおうという快を求めた結果なんだ」
なんていう風に考えることができます。

このように、あなた自身の行動を
「快を求めて、不快を避ける」もしくは
「苦痛を避けて快楽を得る」
なんていう行動原理に当てはめて考えてみませんか?

この行動原理に当てはめて考えることで

「どのように考えて行動しているのか?」

がわかるので、自分自身の理解に繋がります。

自分自身の理解に繋がることで
「表面」と「内面」の方向性が定まり、
自分を変えることにエネルギーを注ぎやすくなります。

なので、『快楽原則』という
「快を求めて、不快を避ける」もしくは
「苦痛を避けて快楽を得る」
という行動原理に当てはめ、
あなた自身の行動について見つめ直してみてはいかがでしょうか?

以上、
「人間の行動原理」
に関するお話でした。

自分自身を見つめることって
結構勇気がいりませんか?

勇気はいまのエネルギー状態と大きく関わってきます。

大事なときに勇気を振り絞るためにも
日頃からエネルギーを高めておきませんか?

エネルギーを高めることに興味がありましたら、
下のリンクから
エネルギーの無料講座に参加してみてください。

エネルギーについて、
いろんな観点で説明していますので、
エネルギーに関する理解が深まるはずです。

https://em.hinamemo.com/m/cf/blog_y

それでは、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。