信頼されるための4つの方法!伝わらないのは信頼の貯金(信頼残高)が貯まっていないからかも?

伝わらないシリーズ第2弾です。

価値観の優先順位がずれているのにそのまま話を進めると、
誤解が生まれたり、
聞く耳を持たれなかったりして
伝わらなくなってしまいます。

ガ━━(゚Д゚;)━━ン!

なので、価値観のすれ違いをなくし、
きちんと伝わるようにしたいのですが、

伝わらないのは価値観だけでなく、
「信頼の貯金(信頼残高)が貯まっていないから伝わらない」
可能性もあります。

そのため今回は、
「信頼残高を貯めて、伝わる力を育てよう!」
といったお話になります。

信頼の貯金(信頼残高)とは?

信頼の貯金とは、
「信頼を数値化したもの」
と考えると良いです。

信頼の貯金という言葉よりも、
「信頼残高」という言葉をよく聞くので、
信頼残高に統一します。

実際は信頼を数値化なんてすることができませんが、
信頼残高という概念を持っておくだけで、
「今の信頼はこれくらいかな?」
というイメージを持っておくだけでも、
相手に対する話し方が変わってくるはずです。

\\\٩( ‘ω’ )و //// カワルハズ!!

よく言う
「信頼関係を構築していきましょう!」
という言葉を信頼残高という単語を使って、
ぼんやりとでも数値化してイメージすれば、
今の信頼関係とこれからの信頼関係を考えやすくなるはずです。

信頼残高が少ない時は
信頼されていないということだから話を聞いてもらえないし、
信頼残高が多い時は
信頼されているということだから話を聞いてもらいやすくなり、
またこちらの意図を汲み取ってもらいやすくなります。

だから、”伝える力”を高めようとするなら
「いかに信頼残高を増やしていくか?」
ということも考えないといけません。

信頼残高を増やすために

信頼残高を増やすための方法として、
この記事では4つ挙げます。

1.約束を守る

約束を破る人に対する信頼ってあまりないですよね?

「あの人はいつも遅刻する」
「あの人はいつもドタキャンする」
となったら、
「あの人は今回もどうせ…」
みたいに信頼残高がどんどん減ってしまいます。

なので、約束を破ることは極力避けたいものです。

(乂’ω’)ダメ

約束を守るのは当たり前であるとはいえ、
約束を守り続けることって
意外と難しいことだったりするので、
約束を守り続けることで信頼残高が増えていくんです。

約束を普段から守るとしても、
信頼残高という概念を取り入れたら
「これまで以上に約束をちゃんと守らなきゃ!」
という気持ちで約束を守り続けていこうと思いませんか?

コラム
友人との約束は守るけど、自分との約束は適当になっていませんか?
自分との約束は習慣化に繋がったりするものですが、
その約束を守り続けているか、破り続けていくかで
自分に対する自信が変わっていくので、
自分に対する約束も守っていきたいですね。

2.継続する

ずっと続けている人は魅力的に見え、
信頼残高が増えていきます。

とある例ですが、
全く反応がなかったスピリチュアル系のブログを
会社に勤めながら10年書き続けていたら
気がついたらその道のプロとしてたくさんの人に読んでもらえるようになり、
会社を辞めてスピリチュアルの方向で生きていくことにした人がいました。

この例を出すと、
「10年近く反応がないブログなんて書き続けられない」
なんて言われます。

(ヾノ・∀・`)ムリムリ

実際、反応がないブログを10年も書き続けるのって
かなりつらいことだと思います。

ですが、
誰もがつらいと思うからこそ、誰も続けられない。

だからこそ、
長年続けた人がその道のプロとして見られ、
すごい人だ!と思ってもらえ、
信頼してもらいやすくなります。

「継続は力なり」
というのは、目標達成や能力アップだけでなく、
周りの人からの評価も得られるものとなるのです。

「ダイエットがなかなか続かない!」
「習慣化できない!」
と思っている人は、継続できる人を尊敬の眼差しで見たりもしますから。

継続することはそれだけで魅力的となり、
信頼してもらえる要素となるので、
約束を守り続けるのと同様、
自分がやりたいことを継続していきたいものですね。

3.価値観に共感し合う

価値観に共感したり、されたりすることでも
信頼残高は増えていきます。

共感してもらえると嬉しいものですし、
逆に共感できることも嬉しいものです。

「この映画の衝撃なラストに驚かされ、また感動した!」
と言ってみたら
「わかる~!あれは衝撃的だったね!」
と共感されると嬉しいものですし、

逆に、
「この映画の衝撃なラストに驚かされ、また感動した!」
という言葉を見たら、
「あ、やっぱりそう思うよね!」
と共感して嬉しくなるはずです。

(〃゚∀゚)(゚∀゚〃)ネー

お互いに好きなことで深い話ができれば
お互いに共感し合うことができるので、
どんどん信頼残高が増えていきます。

だから、アニメとかマンガとか仕事とか
そういうもので熱く語り合っている人って
ものすごく信頼しあっていたりするんですよね。

そうやって、
お互いに語り合えるようなものを見つけ、
それを話題に出していくことで信頼残高を貯めていくことができるのです。

4.異なった視点を提示する

視点は価値観とも関係しているところではあるんですが、
同じものを見たとしても感じたことは違うという意味で、
“視点”という言葉にしました。

視点が異なっていると共感とは異なってくるため反発されるのでは?
と思われるかもしれませんが、
必ずしもそうは言えません。

フル ((・ω・ = ・ω・)) フル

僕はアニメを観たら
そのアニメに対するコメントを読むことが多いんですが、
「なるほど、そんな見方があるのか…」
と思うことが結構あるんですよね。

「一瞬映った紙に○○って書いてた!」とか、
「この言葉はきっと伏線になり、今後△△といった展開になるだろう」
といったものとか、
「言葉ではこう言っていたけど、これまでの流れからいって実際はこう思っているんじゃないだろうか?」
とか。

自分とは異なる視点から見ているのが面白かったりして、
「この人の発言をまた見たい!」
とか思うことってよくあるんですよね。

(*゚▽゚)*。_。)*゚▽゚)*。_。)ウンウン

ビジネス書とか自己啓発書が売れる理由も
自分とは異なる視点をもらえるからです。

そして、
「この視点は面白い!」
と思ってもらえたら信頼残高が増えていきます。

なので、面白い視点を提示して
「なるほど、そういう見方もあるのか!」
なんて思ってもらえるような発想ができないか考えたいものですね。

٩(ˊᗜˋ*)و

Twitterでフォロワーさんがたくさんいる人は
面白い視点を提示していることが多いので、
それで信頼残高が増えることによって
フォロワーさんがたくさんいたりします。

なので、フォロワーさんが多い人のツイートとか、
人気のブログを読んで、
「どういう視点で話すと面白いんだろう?」
なんて研究して、
それをブログ記事として書くのも面白そうですね。

まとめ

以上、信頼残高の増やし方でした。

  1. 約束を守る
  2. 継続する
  3. 価値観に共感し合う
  4. 異なった視点を提示する

信頼残高の増やし方は色々とありますが、
まずはこの4つを挙げてみました。

(`・ω・´)ゞ

信頼残高という考え方があると、
人と話すときも
「どうやったらこの人の信頼残高は増えるだろうか?」
なんて考えられるので、
気がついたら相手が喜ぶ行動を取れたりします。

なので、信頼残高という考え方を取り入れ、
信頼残高を増やすための行動を考えてみてはいかがでしょうか?

僕自身もこれは意識するようにしていますので、
ぜひ一緒に挑戦し、
「今日は信頼残高を貯めるために何をしたのか?」
なんて話をしてみたいものです。

✩°。⋆⸜(* ॑꒳ ॑* )⸝

それでは、今回は以上となります。

ありがとうございました!

(*・ω・)*_ _)ペコリ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。