【対話】自分らしくなりたいのになれない本当の理由と改善策

今回はみおなさん(@sanaginobalcony)と
Zoomでお話したときに出てきた
「自己分析と自分らしさ」の話題を
動画としてアップしました。

今回はその動画の内容をメモ書きしていきます。

自分というのは
どのように作られているのでしょうか?

それは他人から受けた影響や環境によって
作られています。

つまり、自己分析をするためには
自分だけに焦点を当てず、
周りも見ないといけません。

周りに何かされたときに
自分の反応を考えることで
自分自身を深く知ることができますから。

そして、
マンガやアニメも自己分析に繋がります。

「マンガやアニメは楽しむためだけのもの!」
なんて思われていますが、
マンガやアニメから学べることってたくさんあります。

例えば、
「マンガやアニメに出てくるキャラクターがされていることを
実際にあなた自身がされたらどう感じるか?」
を考えることも自己分析に繋がるんです。

マンガやアニメで湧き起こる感情(反応)を知り、
それを改善したいと思ったら、
あとはそれを改善していくだけです。

つまり、マンガやアニメというのは
「気付き」を得るためにはとても有用なものなのです。

では、自分らしさとは何なのでしょうか?

自分らしさとはどういうものだと思いますか?

よく言われている自分らしさというのは
「過去の延長線上」の自分らしさです。

「私は人前で話すのが苦手だから…」
「私は刺激に弱いから…」

などというのは、
すべて過去の自分がそうだったからという
過去の延長線上なのです。

確かに過去の延長線上の自分も
「自分らしさ」
と呼べるかもしれません。

ですが、過去の延長線上で自分らしさを考えてしまうと、
「心がざわついてしまう」なんてことがあります。

「私は人前で話すのが苦手だから…」
と人前で話すのを避けてたところで
「なんかモヤモヤする…」
ってことがあると思うんですよね。

「よし!人前で話すのを避けられたぞ!」
と気持ちが前向きになれば良いですが、

「断っちゃった…本当に良かったのかなぁ…」
なんて思っていたとしたら、
それは心のざわつきとなり、
エネルギーがどんどん漏れていってしまいます。

このエネルギーが漏れてしまう状態というのは、
果たして「自分らしい」と言えるのでしょうか?

僕はそうは思いません。

心のざわつきによって
エネルギーが漏れてしまう状態は
自分らしくないと思っています。

だから、過去の延長線上で考えた自分というのは、
「自分らしさ」とは言いづらいものだと思っています。

では、本当の自分らしさとは何なのでしょうか?

それは、
「気持ちが楽になり、人生が楽しくなる振る舞い」
だと思うんですね。

「これまでは人前で話すことが苦手だったけれども、
 人前で話せるようになれば断らなくても済むため、
 心のざわつきが解消される!」

なんて思ったとしたら、
本当の自分らしさというのは
「人前で話せる自分」
ではないでしょうか?

つまり、本当の自分らしさというのは
「理想の自分」
であると言えます。

心がざわつかないような行動ができる理想の自分こそが
本当の自分らしさだと思いませんか?

では、本当の自分らしさを育てるために
何をしたら良いのでしょうか?

それは、

いろんな人と関わり、
自分の心はどう感じているのか?
この感じ方をどうしていきたいのか?

を意識することで、
理想の自分像が生まれ、
本当の自分らしさが生まれていきます。

また、目的や目標、夢を抱えることは
理想の自分に焦点を合わせることにも繋がるので、
目的や目標、夢というのは非常に大切なものとなります。

あなたの心が今どう感じていて、
その心をどう感じるようにしていきたいのか?

そんなことを意識して
日々を送ってみてはいかがでしょうか?

そうすることで、
「本当の自分らしさ」
を手に入れやすくなるはずですから。

以上、
「自分らしさ」
に関するお話でした。

ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。