【マンガから学べることシリーズ #1】マンガは日常生活を豊かにしてくれるってほんと?

今回は
「マンガから学べること」
というテーマでお話したいと思います。

「マンガやアニメはただの娯楽」
なんていう風に見られていることが多いかと思います。

「マンガなんて読んでいないで勉強しなさい!」
なんて言われたことがある人もいるかと思いますから。

また、友人からも
「学びたいことがあるのについついマンガを読んでしまう」
なんて相談を受けたこともあります。

「マンガを読むことは悪いこと」
なんて風潮があるために
マンガを読むことに罪悪感を抱いてしまうように思うんですよね。

ですが、マンガから学べることはたくさんあります。

なので、今回は
「漫画を読んでも罪悪感を抱く必要なく、
 むしろマンガを読んで日常生活に活用していこう」
なんてお話をしていこうかと思います。

さて、ここで質問ですが

「マンガから何を学べると思いますか?」

マンガから学べることは
ジャンルによっても大きく異なります。

ですが、すべてのマンガに共通しているのは

「他人の人生を学ぶことできること」

だと思うんですよね。

僕たちは僕たち自身の人生を歩んでいますが、
他の人の人生をずっと見ていることなんてできません。

ましてや、
心の中に潜んでいる本音を
実際に聴くこともできません。

ですが、マンガというのは
主人公やその周りの人たちに焦点が当たり、

どんな出来事が起こり、
どんなことを思いながら
その行動をとったのか?

なんてことがわかりやすく描かれています。

つまり、自分以外の人生を
間近で垣間見ることができるのです。

これってものすごいことだと思うんですよね。

マンガを通じて
色んな人の人生を知ることができるのですから。

「マンガと現実は全く別物だ!」
と思われるかもしれませんが、
そうとも言えません。

マンガに出てくるキャラクターは
基本的に現実にいそうな性格の人たちが出てきます。

それはなぜかと言うと、
「共感できない内容だとファンになってもらえない」
というのがあるからです。

感情移入できないと
読者さんは離れてしまいますから。

そのためか、
占いとか人間分析を使って
キャラクターの見た目や性格、誕生日を決める
なんて作者さんもいるようです。

そうやって、
「現実の人に寄せてキャラクターが作られている」
なんてことが多いのです。

だからこそ、
「マンガを通じて、色んな人の人生を知ることができる」
なんて言えるのではないかと思っています。

色んな人の人生を知ることができると何が良いかと言うと、
色んな人の思考パターンや行動パターンなどが
頭の中にデータベースとして出来上がっていきます。

そのデータベースがどんどん蓄積されていくと
「この人にはこう伝えた方が良さそうだな」
というのが肌感覚的にわかってきます。

つまり、マンガで得た色んな人の人生の蓄積によって
人間関係を良くすることができるようになるのです。

つまり、

「マンガを日常生活で役立てることができる」

ということですね。

そう考えると、
「マンガを読むことも大事かも?」
なんて思うことができると思いませんか?

元々マンガを読んでいない人に
「マンガを読みましょう!」
なんて伝えるつもりはないですが、
「マンガが好きなのに手放してしまうのはもったいない!」
と個人的には思っています。

マンガを娯楽として楽しみつつ、リラックスする。

でも、それだけでなく、
大きな学びを得て、
それを日常生活に活用することができる。

これって最高のことだと思いませんか?

これは一石二鳥どころか
もっとたくさん得られるものがあると思うので、
マンガを読むことに罪悪感を抱かず、
むしろマンガを読むことで
もっと日常生活を豊かにしてもらえたらと思います。

今回は以上となりますが、
次回はもっと突っ込んだ話で、
「人をもっと深く知るためのマンガの読み方」
なんてお話をしたいと思います。

テーマは少し変わるかもしれませんが、
人間関係に関するお話をしたいと思いますので、
次回も読んでいただけると嬉しいです。

それでは、次回をお楽しみに!

ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。