相手の話を「聴く」ってどういうこと?話を聴いているつもりでもついやってしまうこと

相手の話をしっかり「聴く」というのは案外難しく、
できていると思っていても実は相手は
「話をきちんと聴いてもらえていない…」
なんて思っている可能性があります。

そのように、話を聴いていると思っているのに
相手は話を聴いてもらえていないと思ってしまうようなすれ違いは
なぜ起きてしまうのか?
というのが今回のテーマになります

話を「聴く」ってどういうこと?

相手の話を「聴く」というのは、
相手を理解するために耳を傾けること
と言えます。

そんなの当たり前でしょ?
って言われてしまいそうな回答ですね。

当たり前のことなんですが、
この「相手を理解するために」というのが
なかなか難しいです。

相手を理解するってどういうこと?

「相手を理解する」
ということは、
相手の背景や心の底にある想いや考え方まで理解すること
です。

ここまで理解するとなると、
相手自身をきちんと耳を傾け、
きちんと観察もしなければいけません。

よく
「自分のことは実は自分自身が一番わかっていない。
初対面の人の方がまだ自分のことをわかっている」
なんて言われたりしますよね?

相手は無意識に心の奥底にある想いや考え方で行動している事が多いため、
相手がどういう人なのか?
というのが本人以上に見えやすくなります。

そのため、
「心の底にある想いや考え方」
というのは相手自身ではなく、
僕たちの方が気づきやすいのです。

その心の底に眠っている想いや考え方を背景まで含めて理解することが、
本当の意味で「相手を理解した」と言えるのではないでしょうか?

相手を理解するために

相手を理解するためには
相手を完璧に理解することなんてできない
と考えることが必要だと思っています。

「相手よりも自分の方がわかっている」
とはよくいう話ではあるものの、
だからといって完璧にわかっているなんてことはまずありえません。

お互いに全く別の人なのだから、
理解できない部分もありますから。

それでも出来る限り相手を理解しようとするからこそ
きちんと耳を傾けるはずです。

「完璧に理解した」
と思った時点で、相手の話をまともに聴こうとしなくなるでしょう。

「あ~、はいはい、言いたいことはわかっているから」
みたいな。

このように
「話をまともに聴かなくても理解しているから十分」
という傲慢さが出てきてしまい、
相手の話を聴かなくなってしまいます。

また、相手を理解しているわけでなくても、
「それ知ってる!」
と物事を知っていることでも、
相手の話を聴かなくなってしまいます。

そういった、「それ知ってる!」とか、
「理解している!」といったことが、
相手の言葉に耳を傾けなくなる原因となってしまいます。

その典型例が
相手の言葉を奪ってしまう
ということです。

相手の言葉を奪ってしまう危険性

相手の言葉を奪ってしまった経験は
誰にでもあるのではないでしょうか?

僕自身、今も相手の言葉を奪ってしまうことがあり、
「あ、やってしまった…」
と思うことがあります。

言葉を奪ってしまう時ってどういう時かと言うと、
例えば、

Aさん「最近ここらへんにおいしいラーメン屋ができたんだよね~」
Bさん「あ、○○ってお店でしょ?あそこおいしいよね~」

なんて会話。

よくある日常会話のように感じます。

奪った言葉が当たっていた場合

奪った言葉が相手が言いたいことだった場合、
Aさんからするとおいしいラーメン屋ができたことを伝えたかったにも関わらず、
先に言葉を奪われてしまったため、
不完全燃焼になってしまい、モヤモヤが残ってしまう可能性があります。

Aさん「最近ここらへんにおいしいラーメン屋ができたんだよね~」
Bさん「あ、○○ってお店でしょ?あそこおいしいよね~」
Aさん「あ…うん、そのお店。おいしいよね~。あはは…」

なんていう風に
ちょっとモヤモヤが残ってしまいますよね?

なので、相手にモヤモヤを残さないためにも
自分の頭の中に何かが思い浮かんでもそれを堪えて、
話を最後まで聴く姿勢が必要です。

奪った言葉が間違っていた場合

さらに、この例え話だと、

Aさん「最近ここらへんにおいしいラーメン屋ができたんだよね~」
Bさん「あ、○○ってラーメン屋でしょ?あそこおいしいよね~」
Aさん「いや、そのラーメン屋は1ヶ月前にできたお店でしょ?△△という3日前にラーメン屋ことだよ?」

なんてことにも。

Aさんとしては
「最近できたおいしいラーメン屋と言えば○○」
という認識だったから言葉を奪って言ってみたものの、
実際はもっと最近できた違うラーメン屋でした。

このように、
自分自身が考えていたものと異なっていることも
たくさんあります。

きちんと聴くことで事前に防げたはずなのに。

このような状態になると、
「ちゃんと最後まで話を聴いてよ…」
なんて呆れられるかもしれません。

相手と価値観が異なっていた場合

他にも価値観が異なっていた場合なんていうのもあります。

Aさん「最近ここらへんにおいしいラーメン屋ができたんだよね~」
Bさん「あ、○○ってラーメン屋でしょ?あそこおいしいよね~」
Aさん「あそこって煮干しラーメンだよね?煮干しラーメンは苦手なんだ…。そのラーメン屋ではなく、とんこつラーメンの△△のことだよ」

こうなってしまうと、
Bさん「(私の好みを把握していなかったのか…)」
と思われるかもしれませんし、
話を最後まで聞いてほしかったと
Bさんはあまり良い気分にはならないはずです。

どう転んでも良い印象を持たれない

言葉を奪ってしまった場合、
どう転んでも良い印象を持たれません。

信頼関係ができていると、
「まぁ、こういう人だしね」
で終わるかもしれませんが、

信頼関係ができていないと、
信頼残高を大きく減らすことになってしまいます。

また、これは話をした相手だけでなく、
それを見ている周りの人の印象まで悪くなってしまいます。

なので、言葉を奪ってしまうことに良いことはありません。

相手の言葉を奪わないようにするために

相手の言葉を奪ってしまうことはついやってしまいがちですが、
相手の話を最後まできちんと聴き、相手を理解するためには
やらない方が良いことです。

僕自身も咄嗟に言葉が出てしまうことがあるので
どうにかなくしていこうとしています。

相手の言葉を先回りして何か言いたくなったら
深呼吸するとか時間を置くとか、
そういうテクニック的なものって色々とあるんですが、
そもそも何か言いたくなったことに気づかないといけないんですよね。

気づいたらそういうテクニックがなくとも、
「暴走せずに話をきちんと聴かなきゃ!」
と聞く姿勢を作ることができます。

だから、何か言いたくなったことに気づくためにも、
何か言ってしまった時、言いたくなってしまった時を振り返ってみるのが一番効果的だと思っています。

何か言ってしまった時、言いたくなってしまった時を振り返ることで、
「相手の言葉を奪ってはいけない」
という意識が潜在意識に刷り込まれていくはずなので、
そういう状況になったら気づくことが多くなると思うんですよね。

なので、「振り返り」が一番効果的で、実践的だと思い、
今はそれを行っています。

日記として書くといつ行ったかもわかりやすいので、
僕はGoogleカレンダーに日記を書きつつ、
振り返りの項目も書くようにしています。

振り返るのは効果的かも?
と思われましたら、ぜひお試しあれ。

僕もまだ実践中なので、
一緒に試していただけると心強いです。

まとめ

以上、
「話を聴いているつもりでもついやってしまうこと」
についてでした。

  • 「話を聴くこと」は「相手を理解するために耳を傾けること」
  • 「相手を理解すること」は「相手の背景や心の底にある想いや考え方まで理解すること」
  • 相手を理解するために「相手を完璧に理解することなんてできない」という考え方が必要
  • 相手の言葉を奪ってしまうと信頼関係が崩れてしまう
  • 相手の言葉を奪わないようにするために振り返ってみよう

相手の話を聴いていると、自然と受け答えするから、
「あ、それ知ってる!○○でしょ!」
と、無意識に相手の言葉を奪ってしまいがちになってしまうんですよね。

そうやって相手の言葉を奪ってしまうと、
相手にはモヤモヤしてしまいます。

この
「相手の言葉を奪わないようにしよう!」
というのはスキルとかそういうのではなく、単純に
相手に嫌な気持ちをさせず、気持ちよく話してもらうため
と考えから出てきた一つの手段であり、
「相手に良いイメージを持ってもらえる」
という結果が生まれるだけです。

傾聴の全ての始まりは
「相手に気持ちよく話してもらうため」
ですから、これが根底にあって初めて成り立つものです。

なので、
「傾聴力を高めよう」
というのは、
「相手に気持ちよく話してもらうためにこれを実施しよう!」
ということなので、傾聴力を高めるのは
内面を整えてから行うものだと考えています。

相手の話を聴くことの全ての始まりは相手のためという内面から始まる
ということを忘れないようにしておきたいですね。

心の中に刻みつけておきたいものです。

以上、ひなた(@hinata_tweet)でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。